もう通らないとは言わせない!風俗向け賃貸審査

給与を証明すれば賃貸審査は円滑?

給与を証明すれば賃貸審査は円滑?

給与を証明すれば賃貸審査は円滑? 風俗等の水商売で働いている人が、賃貸審査が通りやすくなるには、家賃の支払い能力があるという事をきちんと照明する事が大切です。
親族名義での代理契約を行う事が出来れば、割合円滑に通過する事が出来ます。
しかし家族に水商売をしているという事を内緒にしている人も少なくありません。
そういう場合は、有効なのが給与をどれ位もらっているかという事を証明出来る、所得証明書を提示すると良いです。
特に直近3年間分ぐらいのまとまった期間の証明書を不動産会社に見せれば、この人には支払い能力があると判断されて信頼度も高くなります。
またあわせて預貯金がどれ位あるかというのも証明し、家賃の数年間分貯蓄があれば、この人と賃貸契約を結んでも滞納される心配は少ないと判断されやすくなります。
とにかく貸主が一番恐れているのは、途中で家賃が払えなくなり滞納される事です。
そこで滞納せずに家賃を支払う能力が証明されれば、審査のハードルは下がります。

風俗業で働く人が賃貸審査を受ける時は確定申告書が必要になるケースがある

風俗業で働く人が賃貸審査を受ける時は確定申告書が必要になるケースがある 通常、賃貸住宅を借りようとする時は入居審査にパスする必要がありますが、その方法は書類と面談によって行われるのが一般的です。
具体的な書類の内容は貸主や不動産業者の意向によってまちまちですが、おおむね共通するのは身分証明書類と収入証明書類の2つです。
その際、収入を証明するには給与明細や源泉徴収票などが求められるのが普通ですが、風俗業のお店などではそうした書類が整備されていないことも少なくありません。
その場合は、自ら税務署に提出した確定申告書で代替することになります。
つまり、自営業者が賃貸住宅を借りようとする時と同じ扱いになるわけです。
確定申告書を用意することは年収を証明するのに大事な手続きですが、同時に税金の申告義務をきちんと果たすような、誠実な人間であることをアピールすることも意味します。
風俗業で働く人は一般に貸主からの人物評価が低くなりがちだと言われていますが、その評価を改めてもらうための材料にもなるのです。

Copyright © 2019 もう通らないとは言わせない!風俗向け賃貸審査 all rights reserved.