もう通らないとは言わせない!風俗向け賃貸審査

風俗の賃貸探しについて学ぼう

風俗の賃貸審査は土地柄によっても厳しさが変わる

風俗の賃貸審査は土地柄によっても厳しさが変わる 一般に風俗業で働いている人は賃貸住宅に入居する際の審査が厳しいとされています。
これは、主として勤務先が不安定だと見られていることと、業界自体の社会的なイメージが理由です。
ただ、そのような考え方はどこでも一律というわけではありません。
大家さんの考え方は1人1人違いますし、土地柄によっても扱いが異なる場合があります。
たとえば農村部や郊外の住宅地などは、審査が厳しくなる傾向があります。
これは、前者は人口の移動が少なく、後者は給与所得者を中心とした世帯、特に子育て世帯が多くを占めるためで、いずれも「異質な住民」に対する警戒心が強く働くからです。
一方、繁華街が近くて夜間でも人通りが絶えないような地域の賃貸住宅であれば、風俗業のような働き方への理解も比較的得られやすいと言えます。
また、特殊な例として、そうした職業の人に関連した何らかの事件が発生したことがある地域では、全体的な印象の悪化によって入居のハードルが高くなりがちです。

風俗業で働く人は賃貸住宅の審査に通りにくい

風俗業で働く人は賃貸住宅の審査に通りにくい 風俗業の世界で働いている人が賃貸住宅を借りようとする場合、大きなハードルとなるのが入居時の審査です。
というのも、そうした業界は景気の動向などの影響を受けやすく、また働いている人自身も長期間継続して働く人が少ないことから、経済的に安定せず、家賃をきちんと払ってもらえるかどうか分からないというイメージを大家さんが抱いているからです。
また、何となく「風紀が乱れる」という先入観を持っている大家さんも少なくありません。
こうした現状に対し、「こうすれば確実に部屋が借りられる」といった手立ては存在しません。
身分を隠す、という手もありますが、職場から発行される源泉徴収票などの書類をそろえられなかったり、職場に確認の電話を入れられたりしたら審査にパスすることは難しくなります。
このような場合は、風俗業にも理解のある大家さんが経営している賃貸住宅を探す、というのが地道ですが最も確実な解決策です。
そうした物件を専門に扱っている不動産業者もいるので、正直に事情を話して相談に乗ってもらうのが賢明です。

Copyright © 2019 もう通らないとは言わせない!風俗向け賃貸審査 all rights reserved.